【善光寺街道歩き】 岡田宿~会田宿

前回麻績宿まで車で弾丸ツアーをいたしましたが、今回は途中の会田宿まで歩きました。

距離にして15㎞。岡田宿の先には善光寺街道最初の難所で「仇坂」と呼ばれた刈谷原峠があります。

今回はこの峠が道中のハイライトになりそう。

交通の要衝だった松本には各地へのびる街道の分岐点がいくつかあります。というわけで、城下のはずれには奇妙な三差路。そこを過ぎれば峠の麓までひたすらゆるゆると坂道が続きます。車に乗っているときにはこれほど長い坂だとは気づかず・・・。住宅街の中をひたすらまっすぐのぼっていくと松本平の付け根に向かっている感じがよくわかります。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

岡田宿には当時の面影を残す建物や石碑、道祖神などがあり街道歩きの気分を高めてくれます。

岡田神社を過ぎると畑が増えてのどかな景色が街道沿いに広がります。そしていよいよ峠道。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

坂は急になりますが足元はよくならされていて歩きやすく、木々の木漏れ日に照らされて歩くと気分はまるで森林浴。峠を上りきれば峠の茶屋跡に出ます。開けたスペースにはベンチとテーブルがありちょっとしたピクニック気分になれます。茶屋はなくなってしまいましたが、当時の旅気分を存分に味わうことができるスポットです。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

さて、茶屋跡をあとに道はひたすら下り坂に。上ってきた道とは違った趣があり、なんだかわくわくします。すいすい峠を下りるとすぐに人里。静かな佇まいの洞光寺を過ぎれば四賀地区。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

四方を山に囲まれた田畑の中を保福寺川が流れていきます。四賀のシンボル的存在の虚空蔵山が堂々とそびえたっているかと思えば、ふだん松本からみる姿とは違う北アルプスの稜線も美しい。道中の疲れもいっきに吹っ飛んでしまうくらいののどかさに驚きです。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

というわけで、頃よくお昼になったので昼食をとることに。

四賀地区にはいろいろとおもしろそうな飲食店があるようです(四賀のHPによる)

今回は峠を下りたところで話しかけてきた地元のおじさんおすすめの韓国料理「寄ってけや福寿草」へ。

定食から麺類までメニューが豊富で迷います。30年以上営業しているらしくお客さんからのメッセージや手作りのおもちゃなどが並びとてもアットホーム。お店の方もとても気さくで落ち着きます。

宿場の茶屋や宿はこんな感じだったのかな・・・。

善光寺街道歩き旅
善光寺街道歩き旅

昼食のあとはのどかな景色の中を会田宿へ向かってとぼとぼ。会田宿も街道の名残が道筋に感じられる宿場で、屋号が店先や家の軒先に吊るしてあったりと工夫がされています。何だかそれだけでタイムスリップしたような気分になります。

今回松本までの帰りはバスにしたので、宿場の真ん中あたり、松本市役所の四賀支所あたりでウォーキングは終了。

いや~あ、天気もよくていい散歩になりました。やっぱり街道はいいですね。

終点の善光寺まで歩くべし‼

*四賀地区ご案内ガイド

 https://shiga-area.net/about/

*「歴史の道を歩く」―善光寺街道歩き旅ガイドブック―

  善光寺街道協議会編

  発行人:NPO法人善光寺街道歩き旅推進局

  399-7702 長野県東筑摩郡麻績村日2154

 090-2160-6840  メール kaidou@omimo.info

*寄ってけや福寿草

 11:00~21:00

 火曜定休

 ℡ 0263-64-2944

タイトルとURLをコピーしました