北国西往還(善光寺西街道)【岡田宿】

中山道の洗馬宿から分岐して善光寺まで向かう北国西街道(善光寺西往還)。松本宿と刈谷原宿の間に設けられた岡田宿です。

本陣や問屋などの建物は残っていませんが、路傍の道祖神、馬頭観音や各種案内看板、なによりもその道の形に名残を見ることができ、歴史付きの心をくすぐってくれます。

また、生活道路ながらもあまり交通量が多くなく、ゆっくり見て回れることと、松本の街中から自転車などで気軽に訪れることができることも魅力です。(一里塚が岡田宿のちょっと先にあるので4km無いくらい)

元気があれば刈谷原峠を越え、刈谷原宿まで行きたいくらいでしたが、当時の旅人も松本宿ー刈谷原宿間の峠がきつすぎて、途中に岡田宿が作られたり、刈谷原峠を迂回するための有料道路「馬飼峠」が作られたほどの難所。

今回はさらっと宿場町を歩いてみて、さらっと帰りました。

※本陣などの建物はありませんが、当時のものと思われる建物はちらほらと残っています。

タイトルとURLをコピーしました