【平瀬城】小笠原氏、逃げ込むも武田氏にやられる。

国道19号線を走っているとこんな看板が。。

hirase-castle (8)
hirase-castle (6)

結構目立つ看板でずっと気になっていたのですが、いざ通ってみると買い物の帰りだったり、日が暮れ始めていたりでなかなか行く機会に恵まれませんでした。。

が、ついに「行こう!」という気持ちやらなにやらのタイミングに恵まれ、ついに訪れることに成功しました!

hirase-jo (10)
hirase-jo (11)

看板につられてふらふらと向かってみると、登り口に二十三夜塔と案内看板。車も1~2台なら停められそうなスペースがありました。

平瀬城は最近、国の史跡に指定された林城の小笠原氏のお仲間、平瀬氏の居城で、晴信時代の武田信玄に攻め込まれたり戦国時代の乱世の時代の山城。

 

hirase-jo (14)
hirase-jo (5)

登りは30分弱、下りは15分弱で登れる山ですが、途中、切り立った崖や斜面などがあり、威厳のためではなく戦のための城だったことがわかります。

hirase-jo-(1)
hirase-jo (20)

途中、郭(くるわ)の跡かな?と思われる平らな場所や、石がかたまっていて石垣の跡だろうかと思われる場所はありましたが、基本的に地形などにその面影が残っているのみです。

その分、頂上に登ってみると安曇野が一望できる一大展望地!うーむ、確かにこの眺望なら戦国時代でも狼煙とかも見えやすいし、通常は開けた奈良井川沿いを敵(武田氏)は攻め込んでくるから守りにも都合がよかったのかも。

もう少し晴れた日に行けたらもっときれいだったかも。思った以上に開けていたのでお弁当などをもって攻城ピクニックをしてみたい。

※蛇足ですが、戦国時代のお城を登る散策ルートを少しだけ記事にしていますので紹介しておきます。歴史が好きな方は回ってみてください~。

林城:小笠原氏の居城。郭跡や井戸、石垣などなどが残る。武田氏にやられる。

横谷城:稲倉城の出城。赤沢氏の持ち物。空堀などが残る。武田氏にやられる。

。。。武田氏、怖い。

タイトルとURLをコピーしました